簡単なドッグフード手作り方法とその前に知っておくべき事とは?

ドッグフードは意外と簡単に手作りする事が出来る

ドッグフードは意外と簡単に手作りする事が出来ます。しかし作る上で注意しなければならない点がいくつかあります。それはまず栄養のバランスを考えるという事です。犬にとって特に重要なのはたんぱく質と炭水化物、そしてビタミンやミネラルも筋肉や骨を作る上では大切です。これらをバランスよく使う事が大事です。
次に犬の大きさに合わせて作ってあげるという事も重要です。例えば小型犬を飼っているのに大型犬の食事を与えてしまっては駄目です。食べやすい大きさに切ったり、餌の中に骨が混じっていないかをきちんとチェックするのも飼い主の役割です。またお肉を使う場合、牛肉の場合は脂を可能な限り取り除いてあげたり、豚肉であれば中まできちんと加熱するとか、鶏肉は小骨が入っていないかを確認するといった細かい作業も大切です。


他にも犬に食べさせてはいけない食材もありますので、それらを事前に知っておく事も必要です。有名ですが犬にはねぎ系食材は食べさせてはいけません。例えば長ネギや玉ねぎ、ラッキョウやニラ、しょうがやニンニクなどが挙げられます。何故食べさせてはいけないかというと、ねぎ類に含まれている成分が犬の赤血球を壊し、溶血性貧血になってしまう可能性があるからです。この病気になると体全身に酸素が行き渡らなくなってしまい危険なので絶対に与えてはいけません。
また甘いものも与えるのはやめた方が良いです。特に人間が食べるようなお菓子は砂糖や脂が沢山入っており、犬が一度食べてしまうとその味を覚えてしまい、沢山欲しがるようになり、その結果虫歯になったり肥満になったりしてしまいます。チョコレートもカカオが犬の心臓や中枢神経に影響を与えてしまうような成分が含まれているので食べようとしても与えては駄目です。アルコールやカフェインが含まれていたり塩分が多い食品も与えるのは犬の健康を考えるのなら控えたほうが良いです。
それ以外にもイカやタコ、エビやカニ、貝類は消化しにくく、胃に負担を与えてしまいますし、香辛料が沢山含まれているものも犬の肝臓や腎臓に負担がかかるので与えてはいけません。DXLIVE


これらをふまえて、ではどのようにして手作りドッグフードを作るのかというと、まず最初に肉や魚などどんな食材を使うにしても適度な大きさに切る事が重要です。食べやすい大きさにする事で消化しやすくなります。
適切な大きさに切り終わったら、次に水分をたっぷりと使うという事も重要です。犬は人間同様、体内の要らないものは水分によって外へ出しますので、鍋で煮る時は食材が水に浸かってしまう位の水分量を使って作ると良いです。
こうして出来た食材を最後にご飯の上にかければ出来上がりです。ご飯を与えても大丈夫かと考える人がいるかもしれませんが、人間同様犬も炭水化物は必要な栄養素なので、適量であれば問題ありません。ご飯を与えるのに抵抗がある人はご飯の代わりドッグフードでも大丈夫です。